デリヘルの体験入店後の教育

体験入店はどのような基準で店舗を選べばいいのか? - デリヘルの体験入店後の教育

デリヘルの体験入店後の教育

新しいお仕事を探しはじめると、求人情報などで「試用期間」という言葉をよく見かけるようになります。数か月は見習いとして働いてもらいます、という意味でお給料も安めに設定されていることが多いです。
一方、デリヘルなどの風俗の世界にあるのは「体験入店」です。実際に働きながら、お仕事の内容やお店の雰囲気などを確認でき、同時に収入も得られてしまいます。あまり一般のお仕事にはない制度なので、ぜひ有効に活用しましょう。
お店の特徴によって、合う合わないがありますから、営業時間や客層などをチェックしておくことは大切です。本気で風俗の仕事を始めようと考えているなら、体験入店をしてみることをオススメします。

まずは応募して面接を受けてみましょう

応募は電話、メール、LINEなどのいろいろなツールに対応しています。面接時に履歴書を持参する必要もなく、気軽に応募できるよう工夫されているお店がほとんどです。面接する場所も、いきなり店舗内ということはなく、ファミレスや喫茶店でお話しする感覚で行われる場合もあります。
もちろん、応募したら必ず体験入店しなければならないということはありません。面接でお話しをしても、まだまだ不安はあることでしょう。お店によっては、「面接だけ」「面接と見学」「面接と体験入店」などに分かれていることもあるので、求人募集内容をよく確認してみてください。

お仕事を始める前の実技講習

wqhsrhtrsthr
講習があるお店とないお店があります。講習の方法はDVDを見て覚える方法、スタッフを相手に実地で教えてもらう方法、口頭で教えてもらう方法などが主になります。また、講習が必ず必要なお店もあれば、希望によって受けるか受けないかを選べるお店もあります。
経験の少ない方は、講習で一通りの流れやコースと基本プレイの様子を学んでおくとよいかもしれません。お客さまの中には、経験が少なくて緊張している方もいらっしゃいます。スムーズな接客ができるように、ある程度の知識は仕入れておきましょう。

社会人としてのマナーも必要になるかもしれません

採用基準の厳しい高級店の場合、接客のための実技講習の他に、社会人としてのマナーや言葉づかいなどの講習もあります。高級店ならではの教育制度ですが、社会人としてのマナーは一生ものです。風俗を辞めた後にも十分役に立つことでしょう。
中にはメイクや髪型、ファッションなどのアドバイスまでしてくれるところもあります。また、外部からインストラクターを招いて講習が行われることもあり、かなりしっかりとした指導が受けられるようです。
一方、一般的なお店では仲間や先輩からのアドバイスが役に立つでしょう。女のコたちは、お客さまからの指名が入るまでは待機所ですごしますが、待機のスタイルによってはオシャベリの中で接客のアドバイスをもらったり、相談にのってもらったりできる場合があるようです。

体験入店だけでも大丈夫です

誰でも不安に感じるのが「必ず本入店しなければならないのか?」ということですが、実際は体験入店だけでもOKのところがほとんどです。本入店してほしいという勧誘はされますが、NOの場合ははっきり断りましょう。
お店選びで失敗しないよう、事前に確認したいポイントや質問内容をまとめておくことも大切です。体験入店に行ったら、予約の入り具合はどうか、客層はどうか、スタッフやドライバーの働きぶりはどうかなどを中心にチェックしておきましょう。
最近は実地での実技指導は減ってきているようですが、まだまだセクハラまがいの講習も存在します。被害にあわないためにも、お店を決める前に講習の有無や内容をよく確認することを覚えておきましょう。
関東の体験入店

アーカイブ

体験入店を始めたいならココ!

更新情報